映画にありがちな間違ったギャンブルとカジノの描写

映画は多くの人によって愛されています。高校生のドラマからスリル満載のアクションまで、どのジャンルの映画もファンを魅了しています。体を全く動す必要もなく、リラックスしながらストーリーに没頭することができるのも人気の理由の 1 つだと言えます。映画館に足を運ぶ人が増え、映画が芸術の域に達したのも当然の結果でしょう。最近はさまざまなジャンルから好きな映画を選ぶことができますが、今日はカジノをテーマにした映画についてお話したいと思います。カジノ映画と聞くと、ジェームズ・ボンド、マフィア、違法行為などを思い浮かべる人が多いかもしれません。ですが、実際のカジノは危険な場所ではなく、毎年多くの人が訪れる人気のバケーション先です。「ハングオーバー!」の 3 部作は、カジノの雰囲気をうまく描写している映画です。この作品のストーリーは数人の友人と休暇でカジノに出かけるところから始まり、事件が起きてピンチに陥りますが、彼らがカジノで楽しむ姿も描かれています。この記事では、映画にありがちなギャンブルとカジノの誤った描写について説明していきます。

まず最初に、カジノはマフィアやいかがわしい人々によって経営されていません。例えばほとんどのアメリカのカジノはアメリカの企業によって所有されています。もしかしたらご存じないかもしれませんが、多くのアメリカのカジノはアメリカの先住民の部族が運営しています。先住民は土地と交換に政府からお金を受け取り、そのお金をどう投資すればもっと利益を生むことができるか考え、その結果カジノ経営に行きつきました。これでカジノが安全な場所だと少しは信じていただけるでしょうか?

多くの人々はもしカジノ客がカードカウンティングをしてバレた場合、警備員はその客を叩きのめすことが許されていると思っています。これは全くの間違いです。カジノはお客に暴力をふるわせるために警備員を雇うわけがなく、根拠のない俗説にすぎません。カードカウンティングを見つけた場合、カジノ側はその客の入店を拒否する権利があるだけで、暴力は許可されていません。ですが、例えば「ラスベガスをぶっつぶせ」を始めとする多くの映画では、違法行為であるカードカウンティングを行った客を警備員が殴るシーンが描かれています。90% のカジノで働く警備員は、ありふれた日常生活を送る一般人で、大きなトラブルを望んでいません。

よりエキサイティングなシーンを描くため、ポーカーの映画の中で、プレイヤーはありえないような手札を成立させることがあります。実際のゲームでは、そのような手札が完成することはほとんどありえません。例えば 2006 年公開の「カジノ・ロワイヤル」では、同じラウンドでプレイヤーたちがそれぞれフラッシュ、フルハウスが 2 人、そしてストレートフラッシュを成立させました。さらに極端な例を挙げると、1994 年公開の「マーヴェリック」では、賭けに残った 3 人のプレイヤーの手札は、ストレートフラッシュとロイヤルフラッシュといった強い役ばかりでした。これらの手を完成することははっきり言って不可能ですが、映画の中で見る分にはとてもワクワクさせられます。

意外に思われる方も多いかもしれませんが、カードカウンティングで一攫千金を狙うのは不可能だと言っても過言ではありません。2001 年の映画「ラスベガスをぶっつぶせ」の公開以来、誤解が生じているようですが、この映画はかなり脚色されています。このゲームで高額を賭けることは許可されていないだけでなく、カードカウンティングを行うためには大金が必要です。ルールを破ってまでお金を儲けようとする人は、そのような大金はおそらく持っていないでしょう。